So-net無料ブログ作成

南シナ海 中国の自制が必要だ [英字新聞]

ビルマのスーチーさん、7月6日に民主党外務政務次官と会談予定。
スーチーさんは多分わらにもすがる思いだったのだろう。喜んでいた。
スーチーさんによると6月28日にはビルマ入りしているので一週間以上ビルマに滞在することになる。
分刻みの行動予定のオバマ大統領と、あまりにもかけ離れているので愕然とした。
先日、菊田真紀子氏は週刊誌で叩かれたばかりだ。
反省の色もない。今頃ラングーンで観光三昧か。
(スラチャイ)

(Mainichi Japan) June 30, 2011
China needs to show restraint in South China Sea
社説:南シナ海 中国の自制が必要だ

Confrontations between China, Vietnam and the Philippines over the countries' territorial rights in the South China Sea are intensifying as a result of China's increasingly active maritime presence.
 南シナ海で領有権を争う中国、ベトナム、フィリピンなどの対立が強まっている。

In Vietnam, residents have staged anti-China demonstrations, and the Philippines started joint naval exercises with the U.S. military on June 28.
中国が艦船活動を活発化させているためで、ベトナムでは市民らの反中デモが続き、フィリピンは28日から米軍との合同軍事演習に入った。

Taiwan, which also claims territorial rights, is expected to begin military exercises of its own in the near future.
Even in Japan, which is still busy dealing with the aftermath of the Great East Japan Earthquake and tsunami, there has been an atmosphere of imminent military activity.
やはり領有権を主張する台湾も近く軍事演習を行うとされ、震災対応に忙しい日本にもきな臭い空気が伝わってくる。

The issue is certainly not merely someone else's problem.
 決して「対岸の火事」ではない。

The tension brings to mind friction between Japan and China last autumn over territorial rights to the Senkaku Islands in the East China Sea.
 思い出されるのは、尖閣諸島をめぐる昨秋の日中摩擦だ。

It is clear that China has adopted an expansion policy in the East and South China seas.
中国が東シナ海や南シナ海で「膨張政策」を取っているのは明白だろう。

China is said to be trying to increase its sphere of influence near Japan, between the line of islands extending from Kyushu to Taiwan and the Philippines, and the line connecting the Izu Islands, the Ogasawara Islands and Guam.
日本周辺では、九州から台湾、フィリピンなどを結ぶ第1列島線から、伊豆諸島-小笠原諸島-グアムと続く第2列島線へと勢力圏を東に拡大することを狙っていると言われる。

It seems that China has taken a step beyond the approach of hiding strength in modesty that was promoted by the late Deng Xiaoping.
Now, it appears that the country is trying to expand its own "inland sea," as if it were in competition against the United States.
中国は最高実力者の故トウ小平氏による韜光養晦(とうこうようかい)(謙虚に能力を隠す)路線を踏み越え、自国の「内海」を拡大して米国と張り合おうとしているようだ。

Vietnam's Ministry of Foreign Affairs said that this month a Chinese vessel fired a warning shot at a Vietnamese fishing boat near the Spratly Islands, and a Vietnamese research boat conducting an ocean floor survey within Vietnam's exclusive economic zone was obstructed by a Chinese vessel carrying cable-cutting equipment.
 ベトナム外務省によれば、南沙諸島周辺では今月、同国の漁船が中国艦船から威嚇射撃を受け、ベトナムの排他的経済水域(EEZ)で海底地質調査をしていた同国の探査船が、調査ケーブル切断装置を持つ中国船に活動を妨害された。

The ministry said that Chinese boats cut cables and fired warning shots the previous month as well.
先月にも中国船によるケーブル切断や威嚇射撃があったという。

In mid-June, Vietnam launched a military exercise in the South China Sea using live ammunition, increasing tension between Vietnam and China.
今月中旬、ベトナムが南シナ海で実弾演習に踏み切り、中国との緊張が高まった。

Furthermore, a Chinese maritime research vessel entered Japan's exclusive economic zone off Miyagi Prefecture on June 23.
 宮城県沖の日本のEEZ内に中国の海洋調査船が入り込む事件も起きている(今月23日)。

Such movements by Chinese vessels cannot be permitted.
こうした中国艦船の動きは容認できない。

No doubt China is eyeing oil resources in both the East and South China seas, but as Asia's largest country and a permanent member of the United Nations Security Council, it must refrain from sparking disturbances in the peaceful sea.
東シナ海にしろ南シナ海にしろ石油資源への思惑があるのだろうが、中国はアジアの大国として、国連常任理事国として、平地ならぬ穏やかな海に乱を起こす行動は慎むべきである。

No doubt China has its own case to make.
 もちろん中国にも言い分はあろう。

It says that problems in the South China Sea should be solved by the two countries that are involved -- and that the United States is not one of those parties.
中国側は言う。南シナ海の問題は2国間対話で解決すべきだ、米国は当事者ではない、と。

But as U.S. Secretary of State Hillary Clinton stated in the Two-Plus-Two security talks between Japan and the U.S., China has certainly raised tensions in the region.
Furthermore, there is criticism that Chinese vessels' firing of warning shots goes against the Declaration on the Conduct of Parties in the South China Sea, which China and the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) signed in 2002.
しかしクリントン米国務長官が日米安全保障協議委員会(2プラス2)で表明したように、中国が「地域に緊張をもたらしている」のは確かであり、中国艦船の威嚇射撃などは、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が02年に署名した「南シナ海行動宣言」に反しているとの声も強い。

The first U.S.-China consultations on Asia-Pacific affairs, held on June 25 between U.S. Assistant Secretary of State for East Asian and Pacific Affairs Kurt Campbell and China's Assistant Minister of Foreign Affairs Cui Tiankai, ended without agreement.
 キャンベル米国務次官補と中国外務省の崔天凱次官の間で行われた米中初のアジア太平洋協議(25日)は平行線に終わったが、

Nevertheless, as the United States maintains, problems in the South China Sea should be tackled within a framework that includes many countries.
米国が言うように南シナ海の問題は多国間の枠組みで取り組むべきである。

We hope that Japan and the U.S. will cooperate closely to address the issues at the ASEAN Regional Forum and at the East Asia Summit that the U.S. and Russia will participate in for the first time this autumn.
来月行われるASEAN地域フォーラム(ARF)や、米露が初めて参加する今秋予定の東アジアサミット(EAS)でも、日米は緊密な連携を保って、この問題に対処したい。

毎日新聞 2011年6月30日 東京朝刊

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

srachai

誤報の訂正:
水曜日とは菊田真紀子氏がビルマ入りした翌日6月29日(水曜日)でした。
来週の水曜日7月6日と読み違えました。
6月30日の早朝には帰国しているはずです。
6月28日には首都ネピドーで終日会談しているはずですから、まさに分刻みのスケジュールでした。
誤報につき深くお詫びいたします。
(スラチャイ)

by srachai (2011-07-02 12:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0